お知らせ

男性更年期障害について
2022. 2. 5

男性も、加齢とともに男性ホルモンの分泌量が低下することで、気力・体力の低下、ほてり・のぼせ感、男性機能の低下などの男性更年期障害の症状をきたすことが知られております。当院では男性更年期障害に対し、日本泌尿器科学会のガイドラインに沿った専門的医療を積極的に行っております。(日本Men`s Health医学会 テストステロン治療認定医)

40歳以上の方で、気になる症状がある方はお気軽に御相談ください。

なお、男性ホルモンの採血検査は、ホルモンの日内変動があるため必ず午前中に行う必要があります。初診の方は出来る限り午前11時までの来院をお願いいたします。